つくば市の食と愛で産後ママを支える産後ドゥーラすとうけいこ

活動のご紹介

  • HOME »
  • 活動のご紹介

ドゥーラごはん試食会

去る2016年10月16日、つくば市の【うま味畑Yorogino】さんで行われた「創菜お届けサービス開始直前試食会」で【ドゥーラごはん】の試食を出させていただきました。

メニューは<根菜スープ><ひじき煮><大根皮のきんぴら><にんじんしりしり>の4種類。%e8%a9%a6%e9%a3%9f%e4%bc%9a%e2%91%a1

  • 若いご夫婦(奥さま妊娠中)
  • 産後数か月の赤ちゃん連れのお母さん
  • 小さなお子さま連れのご家族
  • これから結婚される娘さんとお母さま
  • お孫さんと同居されているおばあちゃん
  • 食のお仕事をされている方

たくさんの方に試食して頂き、お話しすることが出来ました。

お話を伺っていると、健康を考えて野菜を積極的に食べていらっしゃる方が多かったですね。

「お子さんには添加物の少ない、自然なものを食べさせたい。」と考えて実践していらっしゃる親御さん多いことに感心させられました。

私からはお料理のコツや、食べ方、「子どもの味覚を育てる食事」という視点での食べ方、食べさせ方のコツをお話しさせて頂きました。

美味しい母乳を出すための【ドゥーラごはん】は母乳の為だけではなく、ご家族の皆さんの健康に良く子どもの味覚を育てる食事にもなります。

是非、旬の野菜をおいしく、楽しく食べて頂きたいと思います。%e8%a9%a6%e9%a3%9f%e4%bc%9a%e2%91%a0

<参加してくださった方の感想>

  • 食べるもので母乳の味が変わることを初めて知りました。これから生まれてくる子供の為にも食事を気を付けていきたいです。
  • 出産したばかりでこれからの食事の事についてとても興味があり、参加しました。自然の味がどれだけ大切かという事に改めて気付きました。(特に砂糖の甘味や出汁について、素材のうま味について。)
  • 産後ケアの必要性を感じました。こういったサポートがあることを知れて良かったです。

安全な調味料についてのお話し会

去る2016年8月24日、つくば市のスナップハウスさんにて日本おまたぢから認定講師の栗原陽子さんと、私産後ドゥーラのすとうけいこFullSizeRender-42人で『産前産後とおまたぢから@のお話し会』を開催しました。

産前産後のお母さまと赤ちゃん7組が参加して下さり、にぎやかにスタート。

陽子さんとは、ご自身の産後や現在のお悩みなどを伺いながら、女性性を大切にすることで周囲の人も大切にできること、自律神経を整える大切さのお話しを。

私からは「安全な調味料の選び方」のお話しを。

『お子さんのこれから続く未来を守るために、私たち大人が知っていなければいけないこと』を参加者の皆さんとシェアしました。

私が持参した数種類の醤油の「色」「香り」「味」の比較をしたり、無農薬の丸大豆を「出汁のみで煮たもの」「少量の丸大FullSizeRender-2豆醤油と甜菜糖で味付けしたもの」「スーパーで売られているパックの煮豆」3種類の食べ比べを実施。

これから調味料を選ぶ時の参考にして頂きたいです。

<参加してくださった方の感想>

  • 食品表示のからくりを知れて良かった。これから購入するときの参考にします。
  • 出汁と少しの調味料だけでも美味しく食べられることに気が付きました。
  • 最近は忙しさにかまけたり、食費の事が気になって食品添加物の事を気にしないでいたな。と気付きました。
  • 食品添加物は恐ろしいと再認識出来ました。
  • 私が今まで使っていた醤油は昔ながらの製法で造られたものではないことが分かり、衝撃を受けました。

 

 ドゥーラ密着取材!

つくばで活動しておられる応援番長こと井出乃梨子さんに産後ドゥーラの仕事を密着取材しもらいました。

○産前よりご相談を頂いていた、30代のお母さん。上に1歳10か月のお子さんがいらっしゃいます。

o0540096013729530318[1]

産後ドゥーラはママのブレーン(お料理編)

○産後すぐにご相談頂いてサポートさせて頂きました、30代のお母さん。2歳の幼稚園に通うお子さんがいらっしゃいます。

一ヶ月健診付き添い編

上の子のお迎え編

お買い物編

お料理レクチャー編

 

 

 

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © つくば市の産後ドゥーラ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.